美肌美白の基礎知識

美肌美白に良い入浴と睡眠

肌の調子を整え美白や美肌を叶えるためには、念入りな入浴を行う、良質な睡眠を心がけるといったことが効果的です。入浴の際には、力任せに体を洗うといった行為は避け、正しい入浴法で体を洗い、肌をケアしましょう。また、睡眠で肌の調子も変わってきます。睡眠と肌は密接に関係しており、睡眠不足の場合はニキビや肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすくなります。このことから分かるように、睡眠の時間は肌の新陳代謝をあげるための重要な時間なのです。こうした情報を知れば、日頃から肌のケアをすることができ、美白や美肌を保つことに繋がります。

正しい入浴でお肌を美しく

入浴をシャワーで済ませてしまうと、体が冷えて血行が悪くなる原因となります。浴槽に入って体を温めると新陳代謝が促され、肌の調子を整えて美白や美肌効果をもたらします。しかし、長時間浸かりすぎるのもよくありません。肌の潤いが損なわれてカサカサした肌になってしまいます。また、お風呂に入った肌はふやけている状態なので、力任せに洗うのもダメージを与え美肌を損なってしまうことに。正しい入浴法で、美白や美肌効果を保ちましょう。

入浴でのお肌のトラブル原因

  • 忙しいのでシャワーだけ
  • ごしごし体を洗う
  • 入浴はいつも1時間以上
  • 毎日石鹸で体を洗う

入浴の仕方を間違えると、かえって肌にダメージを与えてしまい美白や美肌を失うことに。そうならないためにも、正しい入浴法を知っておきましょう。そうすれば、入浴による肌トラブルが避けられて、美白や美肌を守ることができます。

自律神経を整えて入浴しよう

自律神経が整えられると、ホルモンバランスの乱れもよくなり美白や美肌効果をもたらします。その入浴法として、シャワーは最初ぬるめの温度で入り、徐々に熱くする方法がオススメです。湯船の温度は40度程度が理想的で、時間は15分程度を目安にして、最初の5分は首まで浸かってリラックスし、その後10分で半身浴をしましょう。

正しい睡眠でお肌を美しく

睡眠と肌は密接に関係していて、良質な睡眠を取らなければ肌トラブルが起こりやすくなります。睡眠で肌が新陳代謝をあげることにより成長ホルモンが活性化するので、美白や美肌の効果を得ることができるのです。ベッドに入ってから3~4時間は成長ホルモンが分泌されやすい時間帯ですので、最低でも4時間以上の睡眠時間を取るようにしたいもの。そうすると、肌の調子が整われ肌トラブルが回避できるばかりか、美白や美肌を保つことができます。

美肌に良いゴールデンタイム

美肌を保つために睡眠は欠かせないものです。美白や美肌を叶える、理想的な睡眠時間があるのを知っていますか。それは一般的に22時から2時だといわれています。この時間が、肌の新陳代謝が起こる時間だとされているためです。睡眠不足によりニキビや肌荒れが起こりやすくなるのは、そのゴールデンタイムに充分な睡眠を取っていないからなのです。肌の調子を整えるために欠かせないこの時間帯には、睡眠を取るように心がけましょう。

  • 美肌美白の最大の敵とは?
  • 美肌美白に良い食事とは?
  • 美肌美白に良い入浴と睡眠
  • 美肌美白とストレスの関係
  • シミが出来る3大要素とは?
  • シミ予防について

美肌美白マニアのコラム

ストレスは美肌の大敵

ストレスを感じると、ホルモンバランスの乱れが起こり肌の調子が悪くなってしまいます。そのため、肌荒れやニキビなど肌トラブルが起こりやすくなります。肌のためにもストレスを溜め込まずに、上手に発散させましょう。また、空気の乾燥や強い紫外線などの外的な要因も、肌にはストレスとなっています。紫外線に当たらない、保湿液を塗るなどの対策も肌へのストレス軽減になるので意識して行いましょう。