美肌美白の基礎知識

美肌美白に良い食事とは?

肌トラブルを招かないためには、紫外線を浴びないなどの対策が必要です。それに加えて、日頃から摂取する食事にも気をつけていれば、体の内部からも改善を図ることができ、より効果的に美肌を保つことができます。美白や美肌効果を得るための食事は、ビタミンCやビタミンB2、亜鉛など、肌の代謝を高める成分を持つ食べ物を摂りましょう。抗酸化作用のあるビタミンEやβカロチン、リコピン、アスタキサンチンなどの摂取も美白や美肌に効果的です。ここでは、美肌や美白効果をもたらす食べ物について深く掘り下げていますので、ぜひ参考にしてください。

美白に効果的な2大成分群とは?

美白効果をもたらす成分は、主に2つあります。それは「肌の代謝を高める成分」と「抗酸化作用のある成分」の2つです。肌の代謝を高める成分にはビタミンCやビタミンB2、亜鉛などがあります。肌の調子を整える機能を持っていて、紫外線でダメージを受けた肌に効果的です。また、抗酸化作用のある成分にはビタミンCをはじめ、ビタミンE、βカロチンなどがあります。この成分はシミを作らせず、美白効果を守る働きがあります。

肌の代謝を高める成分群

ビタミンC/ビタミンB2/亜鉛/L-システイン

新陳代謝の衰えを補い、肌の代謝を活発にしてくれる成分です。この成分を摂取すれば、肌の回復機能が活発になり、ダメージを受けた肌をスムーズに改善することが可能になります。そして、美白や美肌効果を取り戻すことができます。

抗酸化作用のある成分

ビタミンC/ビタミンE/ベータカロチン/セレン/リコピン/アスタキサンチン/エラグ酸

抗酸化作用のある成分には、日焼けで活発になった活性酸素の働きを弱め、シミやそばかすの沈着を防ぐことができます。抗酸化作用を豊富に持つこれらの成分をすすんで摂取すれば、美肌や美白効果が期待できます。

美肌美白に効果のある食材

大豆、ハチミツ、小麦胚芽など(L-システイン)

大豆やハチミツ、小麦胚芽などに含まれるこの成分は、肌の新陳代謝を促す効果を持っており、シミの原因であるメラニン色素を排出することができます。それだけでなく、メラニンを作らせにくい働きも持っています。

トマト、ミニトマトなど(リコピン)

リコピンにはとても高い抗酸化力があり、その力で日焼けなどによって肌が受けたダメージを改善することが可能です。この成分は、トマトに含まれていて、料理に使いやすいので手軽に摂取できる点も魅力です。

鮭、イクラ、鯛、エビ、カニ(アスタキサンチン)

抗酸化作用を持っていて、シミを作り出す活性酸素の働きを弱め、美白効果をもたらします。メラニンを抑える働きも持ち、肌トラブルを修復して美肌効果も発揮します。鮭やイクラ、エビなど赤い色を持つ魚介類から多く摂取できます。

ザクロ、イチゴ、ラズベリー(エラグ酸)

細胞の老化を防ぐことができるエラグ酸は、ストロベリーやラズベリーなどから摂取が可能です。メラニンの抑制効果の他、抗菌作用でシミを改善する働きも持っていて、美肌や美白効果を得ることができます。

ブロッコリー、ジャガイモ、パセリ、レモン(ビタミンC)

抗酸化作用を持つビタミンCは、メラニンを抑える力を持っており美白や美肌効果の維持に効果的です。さらに、ビタミンCには活性酸素を抑える働きもあり、摂取を心がけていればシミやくすみなどの肌トラブルを回避することができます。

  • 美肌美白の最大の敵とは?
  • 美肌美白に良い食事とは?
  • 美肌美白に良い入浴と睡眠
  • 美肌美白とストレスの関係
  • シミが出来る3大要素とは?
  • シミ予防について

美肌美白マニアのコラム

美肌を損なうシミの原因

肌が紫外線を浴びると、直射日光の刺激から肌を守るためにメラニン色素が作り出されます。そのメラニン色素が活性化し過ぎると、シミとなってしまうのです。紫外線を浴びなければメラニン色素も作られないので、美白のままでいたいと思うなら直射日光を避けるようにしましょう。紫外線を浴びた時間が短時間だったときは、肌の新陳代謝により状態は元に戻ります。時間が長くなるほど美白や美肌が損なわれるので注意しましょう。